コラム

6期が終わり7期に入り、そしてユニトーン設立のお知らせ。

6期が終わり7期に入り、そしてユニトーン設立のお知らせ。

ご無沙汰しております。
ネットの片隅で、「世にあまたある更新されない社長の思いつきブログ」の末端を担っております。
更新したくても更新してはいけない、という重責に耐えて生きております。

昔、テレビで今は亡き開高健翁が、井伏鱒二大老に対して、

「(小説が)書けないんです、書く気が起こらないんです」

と、悩みを吐露しているシーンを見たことがありました。

その時に、ガキンチョだった僕なんかは、

”うだうだ言ってんな、早く書け!”

とか思ってましたが、今ならその気持ちが分かりますね。
完全に共感できますね。
あー、開高、分かってんな、なんて思います。

さて、文豪気分の言い訳が終わったところで、近況のご報告を。
この9月でココラブルの6期が終了しました。
なんとか増収増益は達成できそうではあるのですが、目標に対しては未達となりました。
円高マジ嫌い。

昨期から取り組んでいる越境コマースが、なんとかそれなりのスタイルを作り始めつつも
(とは言えまだまだではあるのですが)、既存事業の推進をやり切れたとは言えない1年でした。
いくつかの事業を始め、また撤退し、事業部の統廃合を行い、試行錯誤をした期でもありました。
そう言えば格好良く聞こえますが、全くそんなこともなく、無様で未熟な社長の自分を感じました。

マネジメントの「壁」というものがあります。
例えば、売上が5億、10億、30億など、、
メンバー数が、10人、50人、100人など、、
僕たちも「壁」にぶち当たった期でした。
マネジメントの壁、メンバー数の壁、事業の壁。
ココラブルにおいても、次のステージに行くために、
色々なものを変えていかなければいけない時期なのだと考えています。
真摯に謙虚深く、自分たちのやるべきことをやっていきたいと思っております。

さて、今回、新しい期を迎えるにあたり、2つのことを決断しました。
1つは内部の話。大幅な組織変更を行いました。
もう1つは、初めて事業部を分社独立させ、新設子会社化することを行いました。
ココラブルの取締役である岡弘がスピンアウトし、株式会社ユニトーンという会社の代表に就任します。
(もちろん岡弘はココラブルの役員として残りますし、ユニトーンはココラブルの100%子会社です)
http://www.unitone.co.jp/

FacebookやTwitterといったSNS広告事業はココラブルの主軸事業の1つであり、
今後も更なる成長を期待できる事業分野であります。
その中で、「海外での見込み客向けにSNS広告を出したい日本企業」
「日本での見込み客向けにSNS広告を出したい海外企業」からの引き合いも増え、
グローバルでのSNS広告の運用ニーズが高まってきています。
その市場環境の変化に対してよりスピード感をもって対応すべく、分割子会社化を決定しました。
実は、このような背景を踏まえココラブル経営陣とは今年の年初から継続的に議論を行ってました。
今回、色々なタイミングもあり、ここで実現することとなりました。

また岡弘にとっても、僕にとっても、新しく、とても重要なチャレンジになります。
それはココラブル経営陣の2人としてだけではなく、積み重ねてきた個人的な関係からしても、です。

彼と出会って約12年ほどになります。
新卒で僕の元で入って来た時、前職でIMJからIMJモバイルに移って来た時、
ココラブルの役員に就任した時、それぞれの時期で彼しかできない成長を見せつけてくれました。
また彼との関係も、上司・部下から、仲間・戦友と変わっていき、それぞれの強み弱みを見せあってきました。
彼のようなことは僕にはできないし、彼がいたからこそ大きな刺激を受けること多々ありました。
そのような関係の中で、今回、彼が彼なりの社長像を作る、彼なりの会社像を作る、
と決意してくれたこと、僕はそれがとても嬉しいのです。

思い返せば10年ほど前、クソ生意気な顔して「よろしくお願いします」と僕に挨拶してきた時、
こんな2人の関係になるとは夢にも思いませんでした。

人生は、だから深く長く面白い。

というわけで、次の更新は恐らく1年後になると思いますが、ココラブルとユニトーンを
(そしてもちろんRIDE MEDIA DESIGNも!)何卒よろしくお願いいたします。

一覧にもどる
ページトップへ
当サイトでは、サイトの利便性向上のため、クッキー(Cookie)を使用しています。
サイトのクッキー(Cookie)の使用に関しては、「プライバシーポリシー」をお読みください。
OK