コラム

9月ですね~。

9月ですね~。

「オメ、なんか起業宣言的なこと書いてオシマイってわけじゃないよな?」
と先輩に難癖つけられまして、書かなきゃと思いつつも今までのブログを見返してみたものの、
メッキリ赤面して書けなくなってしまいました。
ロ、ロマンティストすぎる・・・。

まあ独立して半年くらいになると、その時は気づかなかった、力みや強張りも少しづつ取れて
ようやくスタートラインに立ててきてる、というところでしょうか。
ロマンティックなブログを全部消し去りたくなる誘惑との戦いがここから始まるのですね、わかります。

ここ最近は、新規のサービスの立ち上げに勤しんでおります。
なんやかんやと、少しづつ少しづつ進めておりますが、色々な方のサポートを頂戴することばかりで
本当にありがたいなあと思ってます。

そろそろ9月末で、創業から6か月が過ぎます。
一期は変則期ではありますが、弊社は9月末決算ですので、1つの区切りですね。
この半年は、ほとんど1人で事業をする、会社というよりフリーのような形で動いてきました。
色々な制約条件の中でこの選択をしたのですが、本当によかったと思っています。

大きい組織の中でマネジしているときにでてくる、自負や見栄やおごりのようなもの、
それらは僕が未熟であったが故に気づかないうちに蓄積されていたようにも今は感じます。

他人を使うことに慣れる、それ自体が悪いわけではないですが、もう一度裸一貫で動き始めるには
そういったものの軋みを取っていく期間が必要だったのかもしれません。
そして何より、「自分1人で仕事をする」ことの限界をきっちり腹落ちできたことも、
大きな収穫だったと思います。

分かってますよ、頭では分かってました。
自分1人だけでは仕事できないなんて、頭では分かってます。
「経営ってのはね、」
と語ることくらいはしてたような気もします。(焼酎傾けて)
ただ僕はどうしても、俺が俺がのところがあったので、その意味を腹落ちできていなかったのだな、
と”今は”そう思います。

「社長」とは、自分1人で仕事ができない人の呼称です。

社長は、現場にできるだけ近く、最後の利益責任を自分で引き受けるべきであり、
その責任への施策引き出しを誰よりも持つべきである。
そう思います。

そうでありながらも、社長というのは”組織の中でのみ、組織として”成果をあげていくことを
予めインストールされている存在である、という当たり前の気づきは僕にとってとても大きなものでした。

しばらくの間、1人でやってて本当によかった。(寂しかったけど)
ココラブルは次のステージに向かいます。

一覧にもどる
ページトップへ
当サイトでは、サイトの利便性向上のため、クッキー(Cookie)を使用しています。
サイトのクッキー(Cookie)の使用に関しては、「プライバシーポリシー」をお読みください。
OK