トピックス

ココラブルの事業案内 クリエイティブ室編

ココラブルの事業案内 クリエイティブ室編

コラブル人事広報のmichiです!

今回は、ココラブルの商品や広告のレベルを左右する、クリエイティブ室長、ケンさんに話を伺ってきました。
ケンさん自身も、イベント好きでとってもアクティブ!
チームへの思いやクリエイティブへのこだわりも感じられるインタビューになっています。
それではどうぞ!

-クリエイティブ室の業務について教えていただけますか?
各事業のデザイン制作など、クリエイティブに関わる業務を一手に引き受けています。
SNS広告事業では、静止画や動画の広告クリエイティブ作成や商品記事LP(ランディングページ)の制作、アンケートを活用したLPの作成などを担当しています。

また、EC事業では、商品撮影から商品ロゴ、パッケージ、サイトに掲載する商品画像や動画、パンフレット、展示会用グッズなど、幅広い販促ツールの制作を手がけています。

さらに、社内イベントのクリエイティブも担当しており、社員総会や全体会、懇親会などの企画やデザインを手掛けています。
僕はイベントが好きなので、そうした話が出るとついつい手をあげちゃいますね(笑)。

-ココラブルのクリエイティブ室の強みは何でしょうか?
私たちのチームの強みは幅広い対応力だと思います。各事業部からの依頼は多岐にわたりますし、メンバー全員が異なる強みを持っています。それによって、様々な要望に応えることができていると考えています。
特に、実際の撮影やイラストレーション制作は他の会社にはなかなかない得意分野だと自負しています。これらのスキルを活かして、ニーズにマッチしたクリエイティブな成果物を提供しています。

対応力に関しては、やはりインハウスで制作を行っているため、常に各事業部との連携を重視し、迅速な対応を心がけています。
やっぱりコミュニケーションは大切だと思うんです。
事業部メンバーやクリエイティブチームメンバーとのコミュニケーションには特に意識を向けています。円滑なコミュニケーションを通じて、お互いの要望や意見を共有し、より良い成果を生み出すことを目指しています。

-チームの雰囲気はどんな感じでしょうか?
とにかく明るいです。安村ではないですよ(笑)。
メンバー同士はタスクの進捗状況を確認し合い、常に連携を取りながらお互いをサポートする文化が根付いています。
皆が気軽に相談できる環境が整っています。
メンバーの性格を一言で表現すると、チャレンジ精神が溢れる仲間の集まりですね(笑)。
事業部からの依頼に対して全力で取り組み、それに応えることを楽しむメンバーが集まっていると思います。

-そのチームの雰囲気を作るために意識されていることはありますか?
毎日、約15分くらい時間をとって夕会を開催しています。この時間に、その日の業務の報告や明日の業務の確認を行います。
稼働が溢れてしまう場合は、他のメンバーがサポートをするためにタスクを振り分けることもあります。
また、クリエイティブスキルに関する問題の相談や疑問点の共有、タスクサポート依頼などもこの時間に行います。
さらに、スキルやツールの最新情報も共有し合っています。時折、展示会に全員で参加し、一緒に見学して各自の意見を発表する取り組みも行っています。

-ケンさんは、どんな時間の使い方をしていますか?
関わるメンバーが多いため、ミーティングを頻繁に行い、情報の共有と認識の一致を図っています。
制作に集中するために、自分自身の制作時間を主に夕方以降に確保しています。

-クリエイティブ室として目指しているものはありますか?
短期的には、チーム全体のスキルレベルの安定性を確保することが重要です。どのメンバーが担当しても、一定の品質を提供できるように努めています。
また、新しいメンバーが加わることも考慮し、スキルの向上に取り組んでいます。
中長期的には、単に依頼を受けるだけではなく、積極的に提案できるチームを目指しています。
そのため、コミュニケーションの質と量をさらに増やすことを重要視しています。
声かけやイベントなどを通じて、指示だけではないコミュニケーションを大切にしています。

-今、感じている可能性はありますか?
サービスをグロースしていくうえで、クリエイティブは間違いなくキーになります。
クリエイティブの表現は広告効果や商品の売上に大きな影響を与えます。
私たちはクリエイティブの重要性が今後ますます増えていくと信じています。メンバーもその思いを持って仕事に取り組んでいます。

-仕事していて有意義に感じる、楽しいと思う時はどんな瞬間ですか?
やはり、チームで連携して動いている時ですかね。
事業部のブランドオーナーやディレクター、コンサルなどのメンバーとのコミュニケーションを通じて、プロジェクトを進めていく過程が僕は大好きです。
チーム感っていうんですかね。チーム全体で意識や目標を共有できている時、そしてその結果、素晴らしいアウトプットができた時、やりがいを感じます。

-ケンさんから見たココラブルのいいところって、どういうところでしょうか?
みんなすごく真面目です。それぞれの仕事に対して本当に真摯に対応していると思います。
また、自発的というのかな。
ココラブルの働き方は比較的自由だと思うんです。この自由さも、真面目なメンバーたちへの信頼に基づくカルチャーが形成されているからこそ可能だと思うんです。

-クリエイティブに関わりたい方へのメッセージはありますか?
ココラブルのバリューの中に、
「楽しむ、楽しませる」というものと、
「違うからチーム。だから尊重」というものがあります。
僕はこのバリューがとても好きで、大切だとも思っています。
そのため、このキーワードに共感できる方と一緒に働きたいと思っています。
ぜひ一緒に仕事をする機会があれば嬉しいです。

いかがでしたか?
冷静な中にもクリエイティブへの熱い想いが感じられるインタビューでした!
クリエイティブメンバーは、絶賛募集中です!
興味がある方はぜひ応募してみてください!

次回のブログもお楽しみに!

一覧にもどる
ページトップへ
当サイトでは、サイトの利便性向上のため、クッキー(Cookie)を使用しています。
サイトのクッキー(Cookie)の使用に関しては、「プライバシーポリシー」をお読みください。
OK