トピックス

ココラブルの採用プロセスについて知ろう

ココラブルの採用プロセスについて知ろう

こんにちは。人事の大島です。

私たちは新卒/中途ともに積極採用中のため、毎月多くの方に選考に参加してもらっています。今回はそのプロセスとして具体的にSNS広告コンサルタントの職種を例に流れやポイントなどを紹介します。
書類選考は以前のこちらの記事の通りとなるので、本日は一次選考以降を紹介しますね。興味を持っていただける方がいたら嬉しいです。

私たちはお互いの入社後ギャップをなくすことを意識して以下のようなステップを組んでいます。
※ご応募の経路により一部内容が異なる場合があります

<一次選考>
人事1名による面接で主な実施目的はお互いにカルチャーマッチしそうかどうかの確認です。人柄や大事にしている価値観、何を目的にした転職なのかを知りたいので、これまでのご経験内容だけでなく、転職理由、進路選択理由、モチベーションが上がる時と下がる時などもお聞きしています。私たちのカルチャーや価値観とお互いにマッチしそうかどうか、求職者の方の転職で実現したいことが当社で可能なのかどうかを見させてもらっています。

<二次選考>
事業部責任者2,3名による業務ワーク+面接です。主な実施目的は業務適性と一緒に仕事をするイメージの確認です。広告コンサルタントは未経験入社をベースにしているため、業務ワークで仕事の一部を90分で擬似体験してもらう内容にしています。私たち側での適性の確認もしますが、求職者の方も、実際やりたい仕事かどうか、やっていてワクワクするかを確認してもらうようにしているので、実際入社してもらった後も業務のギャップはほぼ無い状態を作れています。
※上記は中途パターンで新卒の場合は業務ワークと面接を切り分けて別日で実施しています

<最終選考>
代表と役員の計3名による面接です。主な実施目的は中長期でお互いにフィットするかの確認です。中長期的にどうなることを目指している方で、そこに対して当社がフィットしているのか、というところをキャリアイメージや志望理由など伺う中ですり合わせます。

最後に、私たちの採用プロセスでは入社後ギャップを無くすというテーマに加えて、最終選考で「だからココラブルなんです」と言ってもらえる状態を目指しています。
一次/二次の選考では業種や職種の希望理由はお聞きしますが、当社への志望理由はあまり重きを置いていません。それは一次/二次の選考の中で当社の事業や価値観、顧客との向き合い方などを知ってもらった上で志望理由が形成されると思うからです。人事や事業部の責任者はそこを目指してありのままのココラブルを伝えられるように意識しています。なので気になることなど遠慮なく質問してください。なんでもお答えしますので。

それでは、こちらの記事を読んでいただいた方と選考でお話しできる機会を楽しみにしています。

一覧にもどる
ページトップへ
当サイトでは、サイトの利便性向上のため、クッキー(Cookie)を使用しています。
サイトのクッキー(Cookie)の使用に関しては、「プライバシーポリシー」をお読みください。
OK