The World is Our
Playground !

MENU
  • facebook
  • twitter

~特集~ ユニトーン誕生から1年

blog_banner_1102

10時になりました。キャスターのみっきーです。
『News Cocolable』 今夜も最後までお付き合い下さい。

まず始めに、今日の特集です。

ココラブルのグループ会社である株式会社ユニトーンは、
この10月で設立1周年を迎えられました。

今夜はそのユニトーンにつきまして、先日、社員総会で「UNITONE of the Year」を
受賞されたゆうさんにお話を伺いたいと思います。

NEWS COCOLABLE  今日の特集

yu_2

みっきー:
この度は「UNITONE of the Year」受賞、おめでとうございました!
受賞された時のお気持ちはいかがでしたか?

ゆうさん:
実感が全然わかなかったです。
まさか自分が受賞するなんて思ってもいなかったのでびっくりしました。
ステージに立ったら緊張してしまいました。
岡弘さんが受賞理由を述べて下さっているのを聞きながらも、
心臓がバクバクしていてあまり記憶にないくらいです。

みっきー:
そうですよね。受賞する事も予期していないし、スピーチも用意していないですよね?
そんな中でステージに上がったら、ドキドキが止まらないですね。
とは言え、社長の岡弘さんが読み上げていた受賞理由には、周りのメンバーの事を気にかけ
まとめてくれるゆうさんへの感謝の気持ちが詰まっていたようです。

さて、ユニトーンですが、この10月で設立1周年を迎えられましたね。
改めて、ユニトーンという会社がどのような事業ををされているのか
教えて頂けますでしょうか?

ゆうさん:
一言で言いますと、広告代理事業をしています。
FacebookやTwitterのAPIを使って最先端の運用をしているのが特徴ですね。
ユニトーンはただ「広告を売る」というだけではなく、私たちが関わることで、
お客様の事業が成長する、チームが活性化することを大事にしている会社です。

みっきー:
お客様とのリレーションを大切にされているのですね。
広告の配信先も日本だけではなく、海外への配信も行われていらっしゃるとか?

ゆうさん:
はい。ユニトーンは世界を視野に入れてビジネスを行っています。
海外への広告配信も扱っていて、どんな方が見てくれているのかと思うとワクワクします。

2017-11-08_211419

*UNITONE HPはこちら*

みっきー:
この1年を振り返っていただいて、一番嬉しかった事はどのような事でしたでしょうか?

ゆうさん:
自分なりに考えて、この施策が最適だろうと思って実施したところ、売上が伸びて
お客様から信頼をいただけているなと感じられた事です。

例えば、
「効果をあげるために課題を分解して、CTRが低かったとしたら、
それに効くクリエイティブの傾向は何かを分析してテストする。」と言うような施策です。

そういった経験は自分に自信もつきますし、また次も頑張ろうと思えるので
とても良い経験になりました。

LRG_DSCF0047

みっきー:
毎日の運用など大変な事も多いかと思いますが、そういった経験をされると
その大変だったという思いも吹き飛びますよね。
ゆうさんの丁寧な仕事ぶりが伺えます。

さて、ゆうさんは周りの方にとても頼りにされている方とお聞き致しますが、
お仕事をする上で何か心掛けていらっしゃる事などはありますか?

ゆうさん:
「関わる人には良い影響を与えられるような人になりたいな」
といつも考えながら行動しています。

具体的には、なるべく気分や数字のムラを作らないようにしています。
もちろん人間ですから、気分が沈みがちな時もありますし、
数字を作るのにも上手く行かない時もあります。
そんな時でも、周りのメンバーには安定した接し方が出来ればいいなと思っています。
実際にはなかなか難しいので、「出来るように頑張っている」と言うのが現状です。

会社は色々な個性が集まって出来ているので、その個性を生かせるような
雰囲気づくりを目指しています。

みっきー:
ゆうさんが頼りにされているという由縁がとても良く分かりました。
多くの人が一緒に働く中で、そう言った心持の方がいらっしゃると
周りにも良い影響を与えますよね。

最後に、ユニトーンもこの1年でメンバーも増え、取り組めることの幅も
広がってきているように見えますが、
今後どのようなチャレンジをしてみたいとお考えでしょうか?

climber-984380_1920

ゆうさん:
メンバーが増えていく中で、
メンバー同士がサポートし合えるチーム作りが出来たらと考えています。
仮に新しい事業を立ち上げる事になっても、
みんなで安定的に「チーム力」が出せるような強固なチームです。
更に言うと、何か起こってもすぐに立て直せるくらいのサポート力が備わった
チーム作りが出来れば最高です!

それにはまず、自分が余裕を持って広い視野で物事を見られるようになる事が
重要だと感じています。
そうすれば、周りのメンバーの困っている事にも気が付けますし、
フォローも出来ますので。

ユニトーンは1周年を迎えましたが、これからもチーム力を高めながら成長していきます。

みっきー:
ゆうさん、本日は貴重なお話をどうもありがとうございました。
ゆうさんを通して、ユニトーンと言う会社がチームを大切にし、全員でお客様の事業を
支援していく会社である事が良く分かりました。

ゆうさんのチャレンジが上手く行く事を祈っています。

earth-1990298_1920

取材を終えて

みなさんは、昨年1年間で新しい会社が何社設立されたかご存知でしょうか?

2016年の1年に全国で新しく設立された法人は12万7,829社でした。
その中の1社がユニトーンですが、若いメンバーながらも「チーム力」で
世界を相手にお客様と一緒に成長していこうとする姿が印象的でした。

また最近は、自分のスキルや成果にばかり目が行ってしまい、
周りのメンバーのフォローや面倒を見るといった事が出来ない人が増えている中で、
自分の立場ややるべき仕事が見えているゆうさんのような人材は
とても貴重だと感じました。

日本がこれからもっと元気になるためにもこういった会社が増えて行くことを願いつつ。

それでは、今夜はこの辺で。
また明日の夜、お会いしましょう。

一覧にもどる
ページトップへ